大阪の痛くない歯医者はどこ?

痛くない歯医者さんなんてあるの?

大阪の歯科医さんには、痛くない歯医者さんもいるのです。そんな無痛治療歯科なんて、本当に痛くないのか気になりますよね。でも、最近は、いろいろな治療方法が出てきていて、あの痛い虫歯治療でも無痛治療が出てきています。だからこそ、子どもだけでなく大人も、大阪の無痛治療歯科へ行くようです。

無痛治療は、そもそもなぜ痛みがないのでしょうか? まず、針を刺す前に表面麻酔剤を利用します。そして、口の中にいれる麻酔剤なので、その味はなんとバナナ味!これなら虫歯のお子さんにも嫌がられることはありません。

無痛治療の麻酔は、他にもあります。テープ式麻酔です。麻酔剤が塗られたテープを歯茎にはりつけて針をさすところを麻酔して、痛みを軽減します。一般的な虫歯治療だと、最初から針で差し込むので、それが痛みとして大きいのです。その最初のステップでテープ式麻酔をすれば、虫歯治療も無痛治療になります。

痛くない虫歯治療には、麻酔の注射も違います。噴射式麻酔というものもあります。これは、針を使わずに、歯茎に押し当て、麻酔薬を噴射して浸透させます。痛みというよりも、治療中に注射器などが見えるので、精神的に苦手、尖ったものが見える、自分に向かって先端がくるのが怖いといった人にも使われます。

痛くない虫歯治療を行うのに、注射液を暖めておくということも重要です。極端な事を言えば、氷水を口いっぱいに含むtと歯にしみて痛みとして感じることがありますよね? 同じように注射器で麻酔薬を注入するのに、体温よりも低い液体が入ってくるので、神経が過敏になって痛みになることがあります。なので、ウォーマーを使って体温と同じ37度ぐらいに暖めて使うと、痛みが和らぎます。

無痛治療で使う麻酔注射器は、電動注射器があります。電動注射器は、一定量で注入するように作られています。歯医者さんが手で注射をすると、どうしても、麻酔薬の注入量が安定しません。そうなると、それが刺激になって痛みが大きくなってしまいます。そこで、電動式にすることで、ジワジワと一定量で注入することで痛みが少なくなります。

痛みがない歯の治療と言われても、まだまだ体験したことのない人には恐怖心が大きくて、なかなかリラックスできません。そういう人には、笑気吸入沈静法という麻酔があります。笑気ガスを吸うと、力が抜けて、顔が笑ったようになることから笑気ガスと呼ばれています。軽い麻酔にかかっている状態で、リラックスして、ぼーっとしてきます。これで恐怖心を取り除くことができます。

いくら文章で説明していても、なかかな伝わらないかもしれませんが、思っている以上に、リラックスして無痛治療は受けることができます。

大阪で痛くない虫歯治療を受けたいなら
 ↓↓画像をクリック!

虫歯の痛くない診断、痛くない削る方法もあります

大阪で痛くない虫歯治療を行っている最先端の技術をもった足立歯科クリニック。実際はどんな治療法をしているのでしょうか。

無痛治療は、麻酔でやるのだから、結局、あの嫌な音や振動はあるんじゃないの?って思っているかもしれません。しかし、それも最近の痛くない虫歯治療は進化しています。

虫歯の診断にしても、叩いたり突いたりすることなく、レーザーで診断する方法があり、これだと、虫歯に触れることなく診察を行います。しかも、細かなところまで診察できるので、正確です。

虫歯の治療で、あのキューンという削る音が嫌で、怖いという人も少なくないですよね。子どもは特にそういう音に敏感です。しかし、エアブレージョンでは、細かいアルミナの粉を吹き付けて削るので、ほとんど音や振動がなく、恐怖心も起きません。それだけでも、怖い思いや、緊張が和らぐので、虫歯治療を嫌いにはならないですよ。

痛みのない虫歯治療として、初期の段階の虫歯治療であれば、削るのではなく、虫歯になった悪い部分だけ溶かして取り除くという方法もあります。画期的な方法で、特殊な薬剤を歯に塗ると、虫歯になって悪くなった部分だけが柔らかくなって、溶かして取り除くことができます。これなら、削る音もしません。薬剤湿布での麻酔も行いますので、痛みのない虫歯治療ができるのです。

痛みのない虫歯治療とはいえ、虫歯は、初期治療が大切。痛くてどうしようもない状態になってからでは、無痛治療とか言ってる場合ではなくなります。早いうちに治療を開始することが、痛くない虫歯治療の一番大きな方法です。

歯が痛い、冷たいものがシミルなど、不安なことがあれば、まず、見てもらいましょう。
大阪で痛くない虫歯治療なら
 ↓↓↓画像をクリックしてお問い合わせ!

 

サイトマップ